節約通信 2009
いくらお金の節約になるからといって、時間や労力に見合わない節約術はもうウンザリ。このサイトでは、本当に有用な節約テクニックのみを厳選して紹介。100円ショップで評価の高い人気商品も紹介。節約生活で、もっとお得で豊かな暮らしを手に入れましょう!2009年版
トップページ > 飲食代の節約 > アイスクリームは分けて食べる

アイスクリームは分けて食べる - 飲食代の節約

02/19
2009年
飲食代の節約
アイスクリームっておいしいですよね。皆さん大好きだと思います。でも、一番おいしく感じるのは最初の一口で、食べてるうちに味を感じなくなってきませんか?

これは、舌が冷えると感覚が麻痺して、味がよく分からなくなってしまうからなんですね。特にカキ氷にいたっては、後半はただの頭痛との戦いになっている人も多いのではないでしょうか。ではアイスクリームやカキ氷を、最後までおいしく食べるにはどうしたら良いのでしょうか。
ice.jpg

要は舌が冷えて味が分からなくなるわけですから、熱いコーヒーやお茶などを飲んで舌を温めてあげればいいわけです。そうすれば最初の一口目の味が何度も味わえるわけです。しかし夏などの暑い時期に、わざわざ熱いものを飲むのも考え物です。

そこでお勧めしたいのが、複数人で分けて食べる、もしくは複数回に分けて食べる方法です。要するに、舌が冷えて味が分からなくなる前にいったん食べるのをやめてしまえばいいのです。出先では難しいですが、自宅に持ち帰ったアイスなら小分けにして食べることは難しいことではないでしょう。

おいしいものをたくさん食べたい気持ちは分かるのですが、もともとアイスクリームはお腹が減っている時にお腹を満たすために食べる食品ではありません。食べたいのを完全に我慢するのはよくないので少量なら構わないですが、お腹はちゃんとした食事で満たした方が良いでしょう。間食を減らすことは、ダイエットにもつながります。

アイス以外にも、ジュースにも同じことが言えます。中でも炭酸飲料に含まれる糖分は相当なものです。炭酸があるうちは分かりにくいのですが、一度炭酸が抜けたコーラを飲んでみると、本当の甘さが実感できるでしょう。人間には炭酸飲料が無性に飲みたい時というのがあると思いますが、そんな時も最初の一口だけ炭酸飲料を飲んで、後はお茶をむというのでもいいのではないでしょうか。炭酸飲料は一度開けてしまうと炭酸が急速に抜けていきますが、ペットボトルなら、できるかぎり押しつぶして中の空気を抜いた状態で、キャップを下にした状態で冷蔵庫に入れておけば、炭酸がちょっとだけ長持ちしますよ。

お金- アイスクリームを買う値段は一緒です。
時間△ アイスクリームを小分けにする時間がかかります。
労力○アイスクリームを小分けにする手間がかかりますが、複数回に分けておいしい味で楽しめます。



名前  本文 認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。